お知らせ

 

8月22日 東京都の由紀さんと千葉県の真紀さんと椛さん

由紀さん…頭も体も全部使って楽しめました!色の組み合わせを考えても、仕上がりが違い、難しくも楽しむことが出来ました。仕上がりは使うのがもったいないほどの仕上がりでした。

真紀さん…手順がなかなか覚えられず苦労しましたが、出来上がりまで夢中になってしまいました。思ったのとは違う雰囲気でしたが意外性があって楽しかったです。

椛さん…つかれたけど面白かったです。

8月23日 三重県のめぐみさん

 十和田市現代美術館へいって、たまたまお土産を見ようと道の駅に寄ったら、機があったので。  普段つかっている織り機と全然織り方が違って、とても勉強になりました。腕、腰で糸を張ってるので、体と機が一体化して・・・すごいですね。

三重の服飾学校で、糸の染方や高機を教えてらっしゃるというめぐみさん。一度に10名ほどの生徒さんに教える中で、経糸通しが大変とおっしゃっていました。織った布はバッグやタタペストリにされるそうです。各地を見て回る旅をしているということでした。

8月23日 神奈川県の土田さんと東京都の山岡さん

土田さん…これは妻が喜びそうです。今度は妻を連れてきます。

山岡さん…僕は妻が出来たら連れてきます。

9月12日 西田さんご一行

慎子さん…楽しかったし、奥が深いと思いました!糸の調子、強さ、色、長さでいろんな表情が無限大??また、やってみたいです。

浮華さん…普段手作りで何かすることがあまりないので、一回一回布を織って形になっていくところが面白かったです。またきたいです。優しく教えて下さって、とても良い思い出になりました。できあがりは期待以上でとっても嬉しいです。

百合子さん…楽しかったです。作品ができあがっていくのが、織った長さで実感できるし、選んだ布によって、イメージが変わっていくし、おもしろかったです。不器用な私でも作れたので、満足です。また、やってみたいです。

9月12日 千葉県の晶代さんと詩織さん

晶代さん…苦し楽しかったです。足を1、手を2と動かすのがむずかしい。織りあがってくると思いがけない「ガラ」になった?出来上がりに大満足です。

詩織さん…難しかった。南部裂織の体験を通じて、当時の方々の生活や物づくりの思いを感じることが出来ました。