HOME / 教 室 / どうやって織るの? / ユミ子先生の織り方紹介
お知らせ
 ユミコ先生の織り方紹介
 第4回 市松織り

基本は平織りですが、整経するときに2色の糸を掛けます。4cmくらいの幅で交互に整経し、縞模様をつくります。緯には経糸と同系色のものを2種類使い、交互に4cmづつ織っていくと、市松模様が出来ます。

応用としては、緯を途中で綴れにすると変わった市松模様が出来ます。

過去の織り方紹介