HOME / 何を織っているの? / 匠工房の織姫たち
 
お知らせ
   

 

 修了しました! 5月18日 工藤好子さん(研究科)          

(どれくらいで研究科を修了されましたか?)1年休んだから、ちょうど2年です。今度仕事もやめましたし、こっちに専念できるようになりました。孫にでも、ひこ孫にでも、おばあちゃんがんばって、ちゃんと勉強して、卒業できたよって、いえるようにしたいと思って。向学心って、年齢関係ないですよね。70過ぎから始めました。ここに来た時は71歳でした。(お孫さんは何人?)孫2人にひこ孫5人。(楽しそうですね。)

(おもしろかったのは?)皆どれも楽しかった。いろいろな織り方が勉強できたし。特に着るものを

作るのが楽しいから、毛糸のツィードでベストを作るのが楽しかった。でも、何年ぶりに洋裁しただろう。ツィードの裏はもらった布でリバーシブルにして、ポケットの縁を布団の皮の赤で、アクセントをつけてみた。(赤が可愛いです。難しかったのは?)ベストのカーブの裁断、裏芯を貼らずにやったので、大変だった。

(研究科を終わって、どんな気分ですか?) さっぱりしました。(これからは?)師範科に進みます。若い人と違って、センスがないし、余裕がない。ただ、ひたすら織る。頑張るだけ。でも、習いに来ないと、こんなの(課題の作品を指しながら)知らないまんまよ。家でも一生懸命織っています。作品展のタペストリーを一つ織りました。後もう一つ、考えています。

 
こと