体験のすすめ

体験予約はこちらから

初めての方は
テーブルセンターから

体験1コース
裂織はどなたでも織れます。(但し、機が大人用ですので、小学校4年生以上とさせていただきます。)匠工房では、体験者用に常に機に色とりどりの経糸がかかっております。約1時間で、幅20センチ×長さ25センチのテーブルセンターが織れます。
当日の体験の受け付けは14時45分までとさせていただきます。
(体験料は1,600円 体験1コース

  • まずは好きな色の経糸がかかった機を選びましょう。
  • 織り込んでいく横糸にあたる緯(ヌキと読みます)を選びます。緯は古い布団や、浴衣、着物を、幅7ミリから1センチくらいに裂いたもので、使いやすいように玉に巻いてあります。
  • 機に座って、機の動かし方を、先生に、手取り足取り、教えてもらいましょう。
  • 始めと終わりには、1cmくらい糸織りをいれます。
  • 最後はあなたの作品を機から切り離すために、10分ほど時間をいただき、でき上がり。
  • 後で糸織りの部分に、ご自分でボンドを付けて、ほつれないようにしておきましょう。

旅の途中で

奥入瀬、十和田湖、八甲田の豊かな自然の癒し空間を楽しんでいただき、山々に点在するひなびた湯の宿をおたずねの前後に、地元の伝統工芸を体験されるのはいかがでしょうか。

アクセス

体験証の発行について

体験証を発行できるようになりました。体験の記念に、広々とした工房で機織をされているところを写真に撮らせていただき、写真つき体験証を無料で発行致します。
(印刷係がいない時は、写真だけとらせていただき、後ほど郵送いたします。)

グループでの体験も歓迎

十和田西高校体験風景

25人までなら一人1台の機で同時に体験ができます。それ以上ですと、お二人で一台の機を交代で使うことになりますが、45人まで体験可能です。特にお子さん達にはぜひ、昔ながらの手技を体験していただきたいと思います。
5人以上での体験の際は、指導者の手配がありますので、1週間前までにご予約下さい。また、人数の変更は、遅くとも前日のお昼までにお知らせ下さい。

■もっと織ってみたい!リピーターに 一日機織り三昧 体験2コース

たまにお休みをとって何日でも!ポーチまたはスリッパ用布など、あなた次第。

スリッパができた

一度体験されて、今度はもっと時間をかけて織ってみたいという方も多いので、リピーターのための体験コースもご用意致しました。30センチ幅の経糸をご用意しますので、ポーチやバック、スリッパ用の布を織ってみてはいかがでしょうか。(加工を保存会にご依頼になる場合は加工賃と送料は別。) また、集中して2~3日続けて通いたい方もOKです。いずれも、一日で5,400円。。この際、ご自分の緯(ヌキ)をおもちになっても、楽しいでしょう。