2002年12月4日の匠工房オープンから
2019年12月1日現在の体験者数9,673

南部裂織(なんぶさきおり)

さきおりとは、布を裂いてよこいとにする、 はた織りのひとつの技法で、れを大切にする女の手仕事から生まれ、全国各地、外国にもありました。
江戸時代、雪国では綿の栽培は難しく、北前船で運ばれた木綿や古手木綿はとても貴重でした。布は大切に使われ、はぎれも粗末にせず、重ねて刺し子にしたり、最後には裂いて、ばたで、たていとに麻糸を張り、よこいとにこの裂いた布を織り込み、夜着、仕事着、帯、前かけ、炬燵がけなどを作りました。
今では、眠っている布にもう一度息吹を与える喜びを感じながら、暮らしに合ったものを工夫し、創作しています。

更新日記

  • 南部裂織保存会の創立47周年を記念し、棚機まつり(七夕)を開催します。創立者菅野瑛子先生の遺作と、茜の俳号で遺された数々の句を短冊にし、笹飾りを致します。 会期は7月7日(木)~10日(日)、時間は午前10時から午後4時 […]

    続き

お知らせ:最新情報

体験を再開致しております。最大10人までとさせていただきます。ご予約は体験申し込みページまたはお電話で、体験希望日の一週間前までにお申し込み下さい。尚、8月13日と14日はお盆のため、体験を指導できる人が少ないため、お断りさせていただく場合がございますので、ご了承下さい。

南部裂織保存会創立47周年記念棚機祭(七夕祭)にご来館いただき、誠にありがとうございました。菅野先生の思い出話しに🌸が咲きました。         

■匠工房の休館日は月曜日です。月曜が祭日の場合は翌火曜日となります。開館時間 10:00~16:00 8月15日(月)は休館となります。

■「南部裂織  official shop」にてて南部裂織製品をお求めいただけます。どうかご利用下さい。プレゼント用には、ラッピングをサービス致します。

■匠工房にて裂織製品お求めの方に布で作ったエコバッグをプレゼント!

裂織の製品は基本的に一点ものですので、オーダーメイドも承ります。炬燵掛けや小座布団、帯、バッグ、コートなど、ご希望の色合いにお作りいたします。また、お手持ちの思い出の着物などを使ったオーダーメイドも承ります。詳しくはオーダーメイドのおすすめをご覧下さい。 

無印良品のネットショッピングサイト「諸国良品」で南部裂織製品(ポーチ、ネックストラップ、ブックカバー、マット)を販売中です。

十和田市のふるさと納税に商品を提供させていただいております。詳細はhttps://www.satofull.jp/をご覧ください。

大切な思い出の着物や、形見の古い着物など、捨てるには勿体なくて、何とか活用して欲しいと思っている方、当保存会でリサイクルし、使わせていただきます。最近、コロナ禍のためか、片付けをされ、着物を寄付してくださる方が増えたため、申し訳ございませんが、着払いでの寄付はお受けできなくなっております。それでも、よろしければ、お電話若しくは、メールでご連絡の上、左記住所へ、お送り下さい。

今月の体験風景から

  • ☆竹林さん…79歳で生まれてはじめての体験でした。できないと思ったが、皆さんの助けでなんとか仕上がりました。楽しかったです。☆白坂さん…。新しいものへの試みに自分でも感激します。楽しかった。やれる気がします。 ☆田中さん […]

    続き

  • 結さん…端の糸をあわせるところが難しかったです。長さを調節するために何回も確認しました。色を選ぶときの色合いを見たり、どういう雰囲気を出したいかを考えるところが楽しかったです。心を込めておったので、大切に使いたいと思いま […]

    続き

  • ☆笑永君…久しぶりにやって、やっぱ楽しかったです。細かい所がたくさんあって、時間内終わるか心配でした。☆楽士君…手順を覚えてきれいに、まちがえないいようにできところがたのしかったです。色の組み合わせがばっちり! ☆大樹君 […]

    続き

織人(おりんど)

  • 南河さんはむつにお住まいで、南部裂織保存会のむつ支部の教室で、本科を終えられて、次の研究科を学ぶためにい、むつから通われています。 (研究科修了おめでとうございます!いつから、研究科を?)昨年8月から始めたのですが、早く […]

    続き

  • (どのくらいの期間で修了しましたか?)1年1か月。(お披露目はいかがでしたか?)まだまだだなと。これから習ったものを入れて、自分なりのものにしたい。(修了の感想を教えてください)本科もそうだったんですけど、裂織をしたくて […]

    続き

  • (今のお気持ちは?)嬉しいです。楽しくできたので。とても充実した時間です。(始めたのは?)丁度2年前の8月でからです。(青森から通われたんですよね。)青森から通うのは全然大丈夫でした。四季おりおりの景色を楽しみながら、通 […]

    続き